新生児の抱っこにはスリング?赤ちゃんと使ってみた口コミは?ファムベリーのしじら織が人気?

  
ご出産おめでとうございます。
生後1ヶ月をたつと、赤ちゃんを外に連れ出しても良いとされていますよね。
2人目以降からは、お出かけの機会が多いので、赤ちゃんの抱っこ紐って新生児から意外と必要なんです。

まだ首も座らない赤ちゃんを抱っこ紐でダッコするのって不安ですよね。

今回は、私が使ってみたスリングをご紹介します。

参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

新生児の抱っこにはスリングがおすすめ。

1人目の時は、お座り時期ぐらいからしか抱っこ紐って使わなかったのですが、2人目ともなるとそうはいかず、上の子のお世話もありますので、必然的に抱っこ紐が必要になってきます。

とは言っても、新生児を抱っこ紐で抱いたことがなかった私は、どの抱っこ紐を購入したらいいのかサッパリ(^_^;)

とりあえず「抱っこ紐人気ランキング」みたいなものを参考にしてみると、どうやらスリングとやらが人気のようでした。

抱っこ紐は、どちらかというとリュックを背負うみたいな感じですが、スリングとは1枚の布で赤ちゃんを包み込むって感じでした。

慣れるとフィット感が素晴らしく、赤ちゃんはすぐに眠りに落ちるんだとか♪

今回、スリングとやらに初挑戦してみました。

赤ちゃんのダッコに最適なスリングを使ってみた感想と口コミ。

赤ちゃんが生後1ヶ月ぐらいから連れ歩く機会があったので、今回このスリングをマスターするべく頑張りました。

やっぱり、首がぐらぐらの赤ちゃんはフィットするのにかなーり手こずりましたよ〜。

初めは「この抱き方であってるかな?」と、半信半疑な感じで使っていましたね(オイ)

抱き方は合っていても、結局心配で両手を添えてしまうので普通のダッコと変わらない?って感じでw

まぁ、普通にダッコするよりは全然ラクですけどね(ノ_<)

生後1ヶ月なんて、3〜4kgですが、長時間ダッコしてるとやっぱり腕にきますので、ダッコの支えとしてもあると重宝します。

後は、イオンモールに行った時はすごく助かりました。

ウチの近くのイオンモールは、エスカレーターばかりでエレベーターが少なく混むんです(^_^;)

スリング片手に赤ちゃんと一緒にサクサク移動できるのは、とても楽でした。

歩きすぎて疲れてくると、疲労は肩ではなく腰にくるので注意ですよ( ・д・)ッ!

スポンサードリンク

さて、そんな私が愛用しているスリングがこちらですっ

赤ちゃんスリング人気No.1のファムベリーのしじら織りベビースリング

購入の決め手は、先輩ママさん達のレビューを参考にしました。

本当は好みの柄とかで選びたかったけど、今回こちらの商品を購入してよかったです。

シンプルな構造ですが、赤ちゃんをしっかり支えてくれるし、新生児からすぐに使えて、抱き方も色々あるのが嬉しいです。

おんぶも出来るのにビックリです。

まだ怖くて1人では挑戦していないのですが、最近は家にいてもすぐ泣いて家事がはかどらないので、おんぶ試したいです。

このサイトもとても参考になります。
私の得意抱きは、寄り添い抱きです(^^)

密着度ハンパなくて、ウチの子はゆらゆらしてるとその内寝てます(笑)

まとめ

スリングは畳むと小さくなって、カバンに忍ばせておくのも場所を取らないので好きです。

ただ、赤ちゃんとの相性もあるようで、うまくフィットしないと嫌がる赤ちゃんもいるようです。

無理矢理ダッコしたりはせず、赤ちゃんの調子を見ながら挑戦してみましょうね。

少しでも育児がラクになるように、オススメのスリングをご紹介しました。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

うがいの練習はいつから始める?1歳の教え方と、うがいができる年齢は平均何歳?
夏休みの工作で小学生の女の子向けは何がある?作り方とダンボール活用術!
おねしょで敷布団を濡らさない為の対策は?お漏らし布団の洗い方!丸洗いクリーニングはいくらで出来る?
赤ちゃんが泣き止む方法!動画タケモトピアノ、ふかふかは赤ちゃんが喜ぶ音楽なんです♪
2歳の子供が急に高熱が出る原因は?手足口病の見分け方と、登園はいつからできる?
noimage
赤ちゃんの夜泣き8カ月で普通?原因は?効果的な対策はコレ!
子供の金銭感覚の教育法とは?小遣いはいつからあげる?与え方の大事なポイントは?
うがいができない子供の風邪予防は?ノドにはお茶が効く?1歳児でも風邪に負けない予防法一覧はこちら!
noimage
水遊び用のオムツの使い方はどうする?プールは入れるの?子供の水着の履き方!
2歳の子の下痢が水っぽい時は?腸炎の時に食べたらダメなものって?水分補給のコツは?
母乳がよく出る方法は?あっと驚くコツと、知って得する食べ物の話って?
赤ちゃんの肌を守る紫外線の対策は?日焼け止めのおすすめ情報、予防法は?
赤ちゃんの日焼け後の処置は?皮膚科受診の判断基準とケアについてご紹介!

Menu

HOME

TOP