畳のカビの正しい落とし方?おすすめの対策、予防法とは?

梅雨の季節になると外は雨がしとしと
部屋の窓は開けられず部屋の中はじめじめ。

小さな子供がいると洗濯物も増え、室内干しが多くなると部屋の湿度が更に上がる事に。
この時期はどのお家でもカビが生えやすい環境になり易いため注意が必要です。

カビは放っておいてもいい事はなく、喘息になったり衛生的にも良くありません。
かと言って、気をつけているつもりでも、しらな所でぬくぬくと育っているかもしれません。

特に今回は、カビを見つけた時に処理しにくい畳に焦点を当ててみました。
日本人でしたら、お家に一室は畳の和室があるのではないでしょうか?
フローリングや壁と違って、拭き取るだけでも気を使ってしまう素材。
急にカビを発見しても慌てないよう、落とし方から対処法、
思わぬ今後の予防策までをまとめました。

今年の梅雨はカビ0で乗り切りたいですね。

スポンサードリンク

畳にカビが生えた時の正しい落とし方は?

普段、畳の部屋は布団を敷いて寝室にしていたり、
畳の上に家具を置いたりしますよね?

ソコです、ソコ!カビを見つけやすい場所なんです。

そんな時、慌てて雑巾でゴシゴシ拭き取りたくなりますよね?

これ、NGです。
下手したら畳の目の中までカビが入って落とせなくなります∑(゚Д゚)
あと、掃除機をガシガシかけるのもカビの胞子を撒き散らすので、
あまりオススメできません。

正しい落とし方としては、

  • 70%アルコール液でふく
  • ポイント消毒用アルコールを布に浸み込ませ拭き取った後、かたく絞った布で拭きとります。

  • キッチンハイターなどの 「塩素系漂白剤」 薄め液を布地に着けて拭きます。
  • ポイント「薄める割合は目立たない箇所の畳に、原液に近い物を着けて、色落ちがするか様子を見て決めます」(1Lの水にギャップ1杯。)
     必ずゴム手 か ビニール手袋を着用して下さいね

  • 歯ブラシなどを使い目地に沿って、優しく擦るとよいです。
  • ポイントこすり過ぎると中にカビ菌が入っていってしまうので注意。

  • オスバンS、(塩化ベンザルコニウム液)
  • ポイント赤ちゃんがいなければ使いましょう。

  • エタノール液でふく
  • ポイントよく乾かす(ドライヤー使っても◉)

  • 逆性石鹸を薄めて拭き取る。

畳のカビを完全に除去する方法、おすすめの対策は?

カビは1度落としても、中の菌が生きていると何度でも生えくる厄介なものです。
カビが生える度に上記の方法で落としてもラチがあきません。
次は、カビを再発させない対策法です。

スポンサードリンク

①壁際に置いている家具等は壁から少し離す
(壁にピタッと密着して配置していると、そこからカビがはえやすくなる)

②カビが出来やすい所に微弱で扇風機を回し空気の澱みを無くす
(湿気が多い場所には、空気の循環をして湿気をためないようにする)

③エアコンや除湿機で乾いた風をあてる
(②の方法で扇風機で送る風も湿気混じりだと意味がないので)

④畳を天日干しする。
(カビを落とし切った後は天日干しでカビ菌を撃退しましょう)

⑤畳の上に新聞紙を敷く。
(新聞紙が湿気を取ってくれるんですって!また、畳の下に新聞紙を敷いてもいいらしいですよ。)

⑥湿気取り剤を使用する
(ホームセンターで3個で300円くらいの。効き目は△かもしれませんが無いよりましでしょう)

畳のカビを予防するのはどんな方法がある?

毎年梅雨の季節になるとカビ菌と戦わないといけないのは憂鬱ですよね。
そうならない為にも、普段からのカビ予防策が必要になります。
これでカビ知らずの生活を送りましょう。

・窓を開けて換気
(換気が出来ない場所は除湿機等で普段から湿気をためない様に)

・とにかく乾燥
(じめっとした空気を無くす)

・畳の下に除湿シートを敷く
(大掃除のついでにでも、畳をあげてやってみましょう)

・布団は毎日上げる

・畳の上に絨毯やカーペットは敷かない

・乾燥させ、日光消毒、こまめに掃除機をして清潔にする

どうしても換気が難しかったりする場合は、

・除菌用アルコール、カビ防止スプレー、除湿機等を上手く使って湿気を無くす。

カビの生える条件
・湿度60%以上、80%以上あるとカビ天国
・5〜45℃の気温。ほとんどのカビは27℃付近でどんどん繁殖する
・人間の手垢、建築材、壁紙の糊、空気中から栄養補給する。遮断するのは難しいので小まめな掃除を!
・カビは色が濃い程人体に影響を及ぼす可能性があるから、黒カビには要注意!

まとめ

普段から気をつけていても特に梅雨の時期はカビが繁殖する環境になりやすいです。

うっかり畳にカビをみつけても慌てず、正しく落としましょう。
・始めに歯ブラシ等で優しく畳の目につまったカビを取り除く。
・その後、アルコール液やエタノール液、キッチンハイター等の塩素系漂白剤を薄めてふき取りましょう。
・畳の色落ちに注意

カビを再発させない対策法
・畳を天日干ししたり、畳の下に新聞紙を置いて湿気をとる。
・部屋は空気が循環するように扇風機等で湿気をため込まない。

今後のカビを生えさせない為の予防法。
・とにかく換気、乾燥、こまめな掃除。
・カビ防止スプレーや除湿機を上手く使う。 

住まいの悩みとして「カビ」は大きな問題ですが、
普段から上記のような事を習慣づけてひどくなる前に対処しましょう。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

noimage
エアコンの窓用タイプのメリット・デメリット。自分で取り付け出来るの?
室内の赤蟻の駆除方法は?子供に害のないやり方と、おすすめのコツ!
お風呂場の排水口の簡単掃除法!シャワーヘッドの洗い方は?
アリが室内に侵入する原因は?蟻の退治方法と、駆除するおすすめ殺虫剤は?
洗濯物を部屋干しした時の臭い対策は?短時間で乾かす裏ワザ、梅雨の対策は?
扇風機を綺麗に掃除する方法は?ホコリをつかない用にする裏ワザ?ズボラでも簡単に掃除できる?
加湿器で赤ちゃんにも安全なのは?気化式のメリットは?オススメ商品はこちら!
noimage
暖房で子供でも安全なのは?オイルヒーターのメリットと、人気のおすすめ商品!
梅雨の洗濯で嫌な臭いを無くす方法!対策法と、早く乾かすコツを紹介!
新築のトイレが下水臭い!臭いを消す方法は?原因は何?しつこい臭いが消えない時の最終手段はコレ!
エアコンの冷房と除湿で電気代がお得なのは?除湿と冷房の違い、賢い使い方をご紹介!
部屋干しの臭いを抑えるコツは?臭いを取る方法は?梅雨に役立つ部屋干しを早く乾かす対策?
エアコンなしで涼しく寝る方法?熱帯夜対策にいい寝具は?エアコンが無しでも生活出来るの?

Menu

HOME

TOP