母乳がよく出る方法は?あっと驚くコツと、知って得する食べ物の話って?

育児

赤ちゃんを育てるには、母乳育児がいいと言われていますよね。

訳あって母乳育児が出来ないお母さんもいらっしゃるかと思いますが、出来れば母乳で育てたいと思いますよね。

母乳は産後の回復が早くなったり、消化吸収がよく、赤ちゃんにもママにも良いこと尽くしと言われます。

母乳はミルクと違って、どれだけ飲んでいるかが目に見えないので、足りてるのかな?まだ飲みたいのかな?お腹いっぱいかな?というのが分かりにくいですよね。

とくに、何度も授乳しても赤ちゃんが欲しがると、「母乳ちゃんと出てるかな?」と不安になりますよね。

母乳育児をしているママなら、一度はぶち当たる壁かと思います。

そんなママさんの不安を解消する為に、母乳の出る食べ物や、母乳を出すコツやポイントをご紹介します。

是非ご参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

母乳が出る方法とは?

母乳を上手く出すには、とにかく赤ちゃんに吸わせる事です。

そうする事で刺激されて、母乳が作られるのです。

明らかに「もう出てない」と思っても吸わせる事が大事なのです。

母乳は、1日8回以上吸わせる事で、減る事は無いんだとか。

新生児は飲む量が少ないので、普通に授乳して1日8回は軽く超えるでしょう。

後は、夜中に授乳すると母乳がよく作られるので、夜中も率先して授乳しましょう。

よく寝る子でも、ちょっと起こして飲ませてもOKですよ(笑)

それぐらい、夜中の授乳って良いんですね。

眠たいけど、頑張って授乳しましょうね(´-ω-`)笑

では、何度も吸わせても母乳の出が気になるって場合は何が原因なのでしょうか?

母乳が出る為のコツとは?

母乳が出るコツは、ストレスをためずに、しっかり休息する事です。

産後は赤ちゃんとの生活が始まりますので、何よりも赤ちゃんを優先し過ぎると、母乳にも悪影響になってしまいます。

ストレスはため込みすぎると、母乳が出なくなる程、深刻な問題です。

ある産後のお母さんが、母乳育児途中にご主人を事故で亡くしたそうです。その途端に精神的なストレスで、このお母さんの母乳はピタッと止まったのです。

それほど、ストレスは良くないという事です。

日常にストレスが溜まる場合は、生活環境を見直しましょう。

それから、大事なのは睡眠です。

赤ちゃんの夜泣きに付き合っていると、どうしても睡眠不足になりますよね。

赤ちゃんと一緒に休息する事が理想ですが、家事もやらなきゃいけない場合、中々寝てなかったりしますよね。

やっぱり寝ないと疲労がたまって母乳に影響が出ますし、寝た後の方が母乳が出やすくなりますよ。

1日越しに家事は気にせず、思いっきり赤ちゃんと寝るなどの習慣を作ってもいいかもですね。

スポンサーリンク

最後にいい母乳を作る為にも、やっぱり大事なのは食事かなぁと思います。

母乳がよく出る食べ物とは?

母乳がよく出る、いい母乳になる食べ物とはなんでしょうか?

色々あるのですが、


豆乳
たんぽぽ茶
水分をたくさんとる(汁物)
青菜
牛肉
白菜

などなど、他にも沢山あります。

気をつけないといけない食材は「お餅」です。餅は、出過ぎて乳腺が詰まってパンパンに張り、乳腺炎になる恐れもあるのでお餅の食べ過ぎには注意しましょう。

それから食べ物による母乳の効果は個人差があったり、アレルギーがある場合もあるので気を付けて下さいね。

基本的に食事は和食を中心に、朝昼晩3食きちんと取りましょう。

やっぱりお米は母乳にいいので、出来ればご飯とおかずと味噌汁のパターンでいきましょう。

そしてご飯は1食2膳は食べた方がいいですよ。多いけど、赤ちゃんの母乳の為ですm(_ _)m

甘いものも摂りすぎると母乳に良くないので、おやつはオニギリなんかにするのもいいですね(くれぐれもストレスの無い程度に)

まとめ

母乳育児を頑張るお母さん。
ご苦労様です。

赤ちゃんを育てるのは、簡単な事じゃありませんが、少しでも楽しく赤ちゃんとの日々を過ごして欲しいなぁと思います。

母乳で悩んでいる事があって、中々改善されない、眠れないほど不安になるという場合は産院でご相談されてみてはいかがでしょうか?

結局はプロに任せるのが正しいし確実な方法です(笑)

意外と悩んでる程たいした事ない場合もありますし。

赤ちゃんとの母乳の時間は今しかありません。

どうぞ、可愛い赤ちゃんの顔を覗き込みながら、母乳育児を楽しんで下さいね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました