ソリティアのビー玉ボードゲームの遊び方とは?ボードを手作りしてみよう!体験してみての感想はコチラ!

ビー玉を36個使ったボードゲームパズルに「ソリティア」というものがあります。

「ぼけない君」とか「フォーティーワンゲーム」「ペグソリティア」「ペグ・ソリテール」とか言われたりするみたいです。

このビー玉ゲームのソリティア、意外と頭使うし、指先の運動にもなってボケ防止として人気を集めています。

もちろん普通に子供から大人まで、真剣にハマる面白さ!

そんなビー玉ボードゲーム「ソリティア」のルールを簡単にご紹介しちゃいます。

ボードゲームの土台は何処で手に入れられるのでしょう?実際にやってみての感想と合わせてお読み下さい。

合わせてこちらも参考にしてみて下さい。
敬老の日のプレゼントでおばあちゃんに最適な物は?ボケ防止を兼ねたプレゼント?本当に喜ばれるプレゼントとは?

スポンサードリンク

密かに人気!ソリティアのビー玉ボードゲームの遊び方とは?

では、具体的にどんなルールなのでしょうか?

まずは、ボードに空いた穴にビー玉を置きます。
そして、真ん中のビー玉を取り除いてスタートです。

隣同士にあるビー玉で、例えばAとBというビー玉が並んでるとします。

AB□

この場合、AはBを飛び越えて□に移動します。
そうすると、こうなります。

□BA

飛び越えると、Bを取ることができます。
つまり、こうなります。

□□A

これを繰り返して、ビー玉を減らしていって、最終的にビー玉が1つになったらクリアというシンプルなルールです。

大きいカラフルなビー玉で、可愛いですね。
しかも、クリアしてるし・・凄い。

では、このボードどこで手に入れると思いますか?

ビー玉を使ったソリティアゲームのボードを手作りしてみよう!

ネットでも販売していますが、ほとんどが木のボードで、ビー玉が綺麗にハマる穴が開いているので、意外とお値段いきます(^_^;)

いろんなタイプのボードが販売されているんですが、要はビー玉が転がらずにボードで並べられたらOKです。

ウチは祖母に手作りソリティアボードをプレゼントしました。

凄く簡単に、発泡スチロールを丸くカットしてキリなどでビー玉より少し小さな穴を開けます。

分かりやすくビー玉の穴を線で色付けします。

周りを可愛いリボンでデコレーションして完成です。

軽いし、愛情がこもっているので凄く喜ばれました。

ソリティア

スポンサードリンク

このソリティア。

祖母にプレゼントして、親戚が集まった時にミンナはまってたんです。

何がそんなに楽しいの?
って思って私もやってみたした。

ソリティアビー玉ゲームを体験してみた感想がこちら!

なんとな〜くやってみると、意外と難しい!

ちょっとパズル系のゲームは得意な方だと思ってただけあって、クリア出来ないのは悔しいっ!

みんなクリア出来た人はいないんだけど、残り3個ぐらいが新記録だったのに、私なんて、6個・・?

ガ━━(;゜Д゜)━━ン!!

そこからムキになって、結構な時間やってました(笑)
それでも自己新記録4個w

5歳の子供もどハマりしてました。
落ち着きのない子供も、じっと静かに頭使いながら出来るゲームなので、本当、大人から子供まで遊べるゲームだなぁと思いました。

ちなみに、祖母の自己流ボケない為のこだわりというのが、ビー玉を始めに並べる時に、片手だけで並べるというものです。

そうする事で、より指先を使うことになるとで指先の運動にもなって、一石二鳥らしいです(自称)

お陰でウチでは、盆や正月に親戚が集まった時の定番ゲームになっています。

ネットには、攻略法とか難易度別の並べ方とか色々あるみたいです。

まとめ

ソリティアといえば、トランプゲームだと思ってました(あのPCに最初から入ってるゲーム)

ビー玉を使ったボードパズルゲームが、シンプルなのにこんなに楽しい物だとは思いませんでした。

祖母にプレゼントした事で、親戚でも盛り上がれるので、いいコミュニケーションツールにもなっていいと思います。

敬老の日の贈り物にも最適ですよね♪

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP