レインボー便り

暮らしに役立つ情報まとめサイト♪

住まい

エアコンの窓用タイプのメリット・デメリット。自分で取り付け出来るの?

投稿日:

窓用エアコン(ウィンドウエアコン)は自分で簡単に取り付けができるので、取り付けや取り外しの費用がかからなく経済的です。

壁に穴を開けずに、窓さえあればOKなので、賃貸でも安心して設置できますね。

転勤や引越しの多い方にはオススメのエアコンといえますね。

こちらでは、窓用エアコンの購入を検討されているあなたの為に、窓用エアコンのメリット・デメリット、取り付けは自分で出来るのかな?についてご紹介します。

スポンサードリンク

エアコンの窓用タイプのメリットとは?

窓用エアコンの利点についてご紹介します。

まず、簡単に取り付けできる。これが最大のメリットだと思います。普通の壁掛けエアコンなら、取り付けや取り外しに2.5万〜3.5万円程の費用がかかってしまいます。

その点、ウインドエアコンは自分で取り付けする事で工事費を浮かせる事が出来ちゃうのです♪

次に、窓さえあればどんな所でも設置できます。壁に穴を開ける必要もないので、賃貸でも安心ですね。

壁掛けエアコンが設置出来ない部屋には、窓用エアコンをオススメします。

エアコンの窓用タイプのデメリットは?

次に、窓用エアコンの欠点をご紹介します(´・ω・`)

窓用エアコンは室外機も内臓されていますので、どうしても音がうるさくなってしまいます。夜中に利用する場合は、ちょっと音が気になっちゃうかもです。

スポンサードリンク

それから、やっぱり壁掛けタイプのエアコンに比べると全体的にパワーが弱いですね。あまり広い部屋に設置すると冷えにくいですが、4.5畳〜6畳用ぐらいなら問題ありません。

それから、風量の微調整が精密に出来ないので、電気代がかかりやすいというデメリットがあります。

窓用エアコンを検討していたけど、デメリットを見て「・・・」となったあなたへ

なんと「どこでもクーラー」なるものがあります。これは冷風、衣類乾燥除湿機付きで、文字通りどこでも移動させて室内で使えるという商品があります。

手軽にエアコンを!とお考えの場合は、こちらを視野に入れてみては?!

窓用エアコンって自分で取り付け出来るの?

すでに回答でてましたね(^_^;)

答えは→YES

自分で取り付けOKです♪

でも具体的にどうやって?
本当に素人でも設置できるの?

と不安もありますよね。
そりゃそうですよ。

取り付け方法ですが、窓用エアコンを持ち上げる事ができれば誰でも簡単にできちゃいます。

付属の説明書を読んでも十分理解出来ると思いますが、取り付けイメージとして「コロナ」というメーカーの窓用エアコンの取り付け方法を動画でご紹介します。

こちらでイメージを掴んでいただければと思います。

まとめ

いかがでしたか?

壁掛けタイプのエアコン?窓用エアコン?それとも移動式クーラー?

あなたのお家にピッタリのエアコン選びが出来ますように♪

スポンサードリンク

-住まい

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

畳のカビの正しい落とし方?おすすめの対策、予防法とは?

梅雨の季節になると外は雨がしとしと、 部屋の窓は開けられず部屋の中はじめじめ。 小さな子供がいると洗濯物も増え、室内干しが多くなると部屋の湿度が更に上がる事に。 この時期はどのお家でもカビが生えやすい …

室内の赤蟻の駆除方法は?子供に害のないやり方と、おすすめのコツ!

この時期、油断するとすぐに家の中でアリが大量発生します。 いわゆる、働きアリが活発になる季節ですね。(いわゆるってw) 人間にとってはあまり嬉しい事ではありませんが(笑) そんなアリの駆除でお困りでは …

お風呂場の排水口の簡単掃除法!シャワーヘッドの洗い方は?

年末に向けて、大掃除を始めていますか? 一年の汚れを一気に落とすのは、とても大変だし根気が要ります。 スポンサードリンク 今回はお風呂掃除を少しでも簡単に、でも綺麗に掃除する方法をご紹介しちゃいます。 …

暖房で子供でも安全なのは?オイルヒーターのメリットと、人気のおすすめ商品!

冬にお家を温めてくれる暖房器具。 小さな子供がいる家庭だと、触って火傷しないかとか、倒してケガしないかとか。 暖房一つおくだけでも不安がいっぱいですよね。 でも寒いし、暖房器具を置かないわけにもいきま …

洗濯物を部屋干しした時の臭い対策は?短時間で乾かす裏ワザ、梅雨の対策は?

しとしと、ザーザー 梅雨になると毎日、雨雨雨・・・。 主婦にとって、これだけ憂鬱な時期ってありませんよね。 何てったって洗濯物が(>_<) 乾かない、臭う、臭い、干し場がない、溜まる。 凄 …

運営者情報はこちら

お問い合わせはこちら

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。