エアコンの窓用タイプのメリット・デメリット。自分で取り付け出来るの?

住まい

窓用エアコン(ウィンドウエアコン)は自分で簡単に取り付けができるので、取り付けや取り外しの費用がかからなく経済的です。

壁に穴を開けずに、窓さえあればOKなので、賃貸でも安心して設置できますね。

転勤や引越しの多い方にはオススメのエアコンといえますね。

こちらでは、窓用エアコンの購入を検討されているあなたの為に、窓用エアコンのメリット・デメリット、取り付けは自分で出来るのかな?についてご紹介します。

スポンサーリンク

エアコンの窓用タイプのメリットとは?

窓用エアコンの利点についてご紹介します。

まず、簡単に取り付けできる。これが最大のメリットだと思います。普通の壁掛けエアコンなら、取り付けや取り外しに2.5万〜3.5万円程の費用がかかってしまいます。

その点、ウインドエアコンは自分で取り付けする事で工事費を浮かせる事が出来ちゃうのです♪

次に、窓さえあればどんな所でも設置できます。壁に穴を開ける必要もないので、賃貸でも安心ですね。

壁掛けエアコンが設置出来ない部屋には、窓用エアコンをオススメします。

エアコンの窓用タイプのデメリットは?

次に、窓用エアコンの欠点をご紹介します(´・ω・`)

窓用エアコンは室外機も内臓されていますので、どうしても音がうるさくなってしまいます。夜中に利用する場合は、ちょっと音が気になっちゃうかもです。

スポンサーリンク

それから、やっぱり壁掛けタイプのエアコンに比べると全体的にパワーが弱いですね。あまり広い部屋に設置すると冷えにくいですが、4.5畳〜6畳用ぐらいなら問題ありません。

それから、風量の微調整が精密に出来ないので、電気代がかかりやすいというデメリットがあります。

窓用エアコンを検討していたけど、デメリットを見て「・・・」となったあなたへ

なんと「どこでもクーラー」なるものがあります。これは冷風、衣類乾燥除湿機付きで、文字通りどこでも移動させて室内で使えるという商品があります。

手軽にエアコンを!とお考えの場合は、こちらを視野に入れてみては?!

窓用エアコンって自分で取り付け出来るの?

すでに回答でてましたね(^_^;)

答えは→YES

自分で取り付けOKです♪

でも具体的にどうやって?
本当に素人でも設置できるの?

と不安もありますよね。
そりゃそうですよ。

取り付け方法ですが、窓用エアコンを持ち上げる事ができれば誰でも簡単にできちゃいます。

付属の説明書を読んでも十分理解出来ると思いますが、取り付けイメージとして「コロナ」というメーカーの窓用エアコンの取り付け方法を動画でご紹介します。

こちらでイメージを掴んでいただければと思います。

まとめ

いかがでしたか?

壁掛けタイプのエアコン?窓用エアコン?それとも移動式クーラー?

あなたのお家にピッタリのエアコン選びが出来ますように♪

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました